ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
タグ:ドラえもん ( 19 ) タグの人気記事
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
  
2006年 07月 14日
今日のドラえもんについて、チンカラホイ…
見ましたよ。
「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」特報映像。

と言っても、さほど多くの情報は無かったんですが。

・もしもボックスで「もしも――」と願うのび太
・宇宙から地球――日本――東京(さらに練馬?)へとズームアップする映像
・空から落ちて来る石像ドラ
・魔界の攻撃を避けて飛ぶ魔法のじゅうたん
・落ちそうになりつつも空気砲を撃つのび太
・「チンカラホイ」「ねずみぃー!」

ぐらいでしょうか。
しかし、この映像が映画で実際に使われるものなのか、特報用に作られた物なのか、微妙なんで、映画の全貌はまだまだ全然見えませんね。

ちなみに、見逃した方は公式サイトへどうぞ。→DORAEMON THE MAGIC 2007

魔法のじゅうたんに乗ったドラ達の見せ方が、「のび恐2006」でのタイムマシン暴走シーンとも似ているようにも感じたんですけども。
もしかしたらまた作画監督は小西さんとか? どうかな?
いや、作監で渡辺歩ってこともあるかも。
つーか、美夜子さん… カッコエエ…

気になるところと言えば、ドラえもんの石像がのび太の部屋に墜落してくることぐらいか。
原作では、ゴミ捨て場で発見してましたが、この辺が変更点てことなのかしら?
ま、でもゴミ捨て場に行くよりもスピーディーな展開ではあるね、そちらの方が。


ところで、来週は遂にあの黄色いあの子の情報が!?
やはり意図的にあの子の情報を抑えていたか…

でも、そこまでするほどなのか?
オープニングでは既に出ているんだし。
そんだけ引っ張るって事は、よほどの声優がキャスティングされるというのか!?


ん~まぁ、レギュラーキャラでもないし多少豪華なキャスティングは可能かもな…
でも、たぶん普通の(て言い方もアレですけど…)声優さんになるんだと思うんだよね。
この引っ張りは、ただのお祭りだと思う事にしますよ、ええ。
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-07-14 19:48 | アニメ
2006年 07月 12日
来年は「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」:追記
正式発表は14日なのだと思ったけど、ココに来て情報が出てくるとは以外でした。

タイトルは

「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」

だ、そうです。
Yahoo!ニュース「ドラえもん」に真保マジック…人気作家が「新魔界大冒険」脚本

追記:つーか、公式サイトオープンしてましたよ!!
DORAEMON THE MAGIC 2007

監督は寺本幸代さん。
脚本は真保裕一さんですか。

寺本さんの名前はちょっと、知りませんねぇ。テレビシリーズで演出しているそうですが、ごめんなさい。
真保祐一といえば、ボク的には「ホワイトアウト」ですが。
そうそう、シンエイ動画で働いてたんだよねぇ、思い出したよ。

え、つーか渡辺歩は?! という、正直な気持ちもありますが。


気になる内容ですが、タイトルが前作とケッコー変わっている事を考えると、リメイクというよりも、もそっとオリジナルな匂いがするのかもしれません。

てゆーか「7人の魔法使い」って…
これは、敵方に7人の精鋭魔法使い(悪魔だけど)が出てくるという意味なのか?
それとも、ドラ側に7人の魔法使いが出るって事?
でも、ドラ達5人+美夜子で6人だし… まさか満月博士は数に入れんだろ。

ハッ、まさか… そういうことか!

美夜子の水晶で、「7人の魔法使いが世界を救う」とかお告げが出て、
「ボクたち6人しかいないじゃん」
「どーでもイイわよ、そんなこと」
なんて事で魔界に行って、でも逃げ帰ってきて、そこに現れたのがドラミちゃんで!
これで、7人揃った! ――みたいな。

ありそ~~~。
ちょっと「大魔境」のクライマックス的でもあるし、
かなり濃厚なのでは?



ところで、「名探偵コナン」が実写ドラマ化ですか…
しかも、新一が活躍する話だとか。じゃ、「コナン」じゃねえじゃん、なにちょれ…

コナンの実写化は厳しいよねぇ。
実際、中身が高校生の小学一年生を演じる事の出来る子どもなんて、まずいないしさ。
しかも、コナン出ずっぱりだから、誤魔化し様も出来ない。

ま、小五郎のおっちゃんが陣内孝則は、納得ですね。
蘭は黒川智花。……ん、まぁ…イイのでは。てゆっか、ヒロインて結構どうにでもなるからね。
新一は小栗旬。  ふぅん…。 原作者推薦ですか…。ふぅん。
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-07-12 17:19 | アニメ
2006年 07月 07日
今日のドラえもん「世の中うそだらけ」と… 来年の映画ドラえもんは!?
うおおおお!!!!

来年のドラ映画の発表は14日だと思って油断していたら、まさかの映像公開!
スゲーちょびっとだったけど。

その1秒にも満たない映像で視認出来たのは、プテラノドンのような怪物に襲われるのび太たちと、空飛ぶじゅうたん?

来年もリメイクであるのはほぼ確定であり、空飛ぶじゅうたんが出て来るッてコトは――

「のび太の魔界大冒険2007」かぁ!!??


でも、「魔界大冒険」にプテラノドン出て来たっけ?
いや、それはオレの見間違いなのかもしれないわけだけども…
恐竜だとしたら「竜の騎士」か「銀河超特急」だけど…それはたぶん無いみたいだし。
空飛ぶじゅうたんが他に出るのって…無いと思うけど…「ドラビアンナイト」に出てくるのは"空飛ぶふろしき"だしね。
だから、「魔界大冒険」でいいんだと思うよ、うん。

ま、来週には間違い無く分かるんだけど。



あれ?
待てよ…

「魔界大冒険」てことは――

遂に――


ドラミちゃん登場!!!!

ドラミちゃん無くして「魔界大冒険」は有り得ませんからね!
だ、誰なのだ声優は!?
これで、「魔界大冒険」じゃなかったら赤っ恥ですよ、ボク…


――で、今日放送の「世の中うそだらけ」ですが。
これは、原作でもかなりピリリと毒のあるエピソードですが…

ま、ボクが語るより↓コチラを読んでください。
変ドラ 第九回「世の中うそだらけ」

有名どころですが、そうとう面白いので是非是非。
原作読んだ方もそうでない方も、楽しめる作りですし。


今日のアニメ版を観ながら、このサイトのこと思い出してましたけど。
より楽しめたような気がしましたね。

さ~て、原作の方、読み返してみるか。
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-07-07 19:49 | アニメ
2006年 06月 30日
ドラえもん!キャンディー(略)スペシャル についてボソボソと
気付けば日本沈没まであと二週間か…
毎週「金スマ」と「チョナン・カン2」で予告映像観てるんで、ハンパ無さは充分承知なので、観ないという選択肢は存在しませんが、問題は何回観るかってコトなんだよね。


どーも最近のドラえもんは昨年四月にリニューアルした勢いが無いというか…
仕方ないのかな、あの時は作画枚数が6000枚とかいう尋常ではないクオリティだったので。
いつまでも続けられるわけないか。

その分、演出で遊んでもらいたいなぁ、という気持ちがボクにはあるんですけどね。
ま、原作を破壊されたらされたで、また文句言うんだろうけれど…


「声紋キャンディー」
スキマスイッチの声で唄うジャイアンてのは、けっこー下らなくて面白かったです。
こーゆーのは、どうしても紙の上のマンガでは敵わない部分なんですよね。

ただ、あのキャンディーはあくまでも声が変わるだけで、音痴は治らないんだと思うンだけどね。

「おばあちゃんの思い出」
途中まで、渡辺歩版「おばあちゃんの思い出」にどう対抗するのかと比較してばかりいたけれど、よく考えたら無意味だなと気付いて思考を止めました。
だって、映画のクオリティ出せるわけないもん。戦えるとしたら演出ぐらいだけど、演出の事はよく分からんし。
とはいえ、どーしても比べてしまうのも事実。

すごく、原作をスマートに作ったような印象はありますね。微妙に変えてるけど。
だから、すっきりし過ぎなような… て、オレはまた映画と比べてしまうぅ…

あ、でも最後のしずかちゃんは好かった。

「ジーンと感動する話」
速水もこみちと相武紗季、ドラえもんとの寸劇が勘弁してくれよ、て出る度に思ってしまったんですが… ま、毎度の事さ。
先週指摘した通り、速水&相武が声でジーンとさせる件は予想通り無かったし。

ただ、しずかちゃんの「ウキーッ」が原作のまんまアニメ化されるだけであんなに面白いとは思いませんでしたよ。
しずかちゃんが壊れると、面白いんだねぇ…うんうん。
しずかちゃんが壊れるエピソードは他にも結構あるから、それはちょいと楽しみだな。


で、毎度恒例だけどドラミちゃんはいつ出んだ! ッてーの。
――という、当ブログ150個目の記事(やっとですなぁ)でした。
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-06-30 20:18 | アニメ
2006年 06月 23日
今日のドラえもんについて、ボソボソ…
本日の「ドラえもん」の「地球最後の日!? 未来の町にただ一人」。
原作のタイトルは忘れましたが、原作の時点からある、不思議現象は今回のアニメ化に際しても解消されていなかった。

あらすじは、のび太がドラえもんを追って22世紀へ行くと、ひとっこ一人いない無人地帯。
孫の孫のセワシと遭遇したのび太は、インベーダーからの侵略を受けたのだと聞かされる――というお話なわけですが。

問題はこの後なんすよねぇ。

明らかにジャイアン似の少年、スネ夫似の少年、しずか似の少女がタケコプターを使って現れる。
F先生の少年漫画って、本人も言っている通りすごくベターですから。
時空を超えたトコロで出会った人達が、現代の知り合いと似ている場合がしょっちゅうあります。
こういう場合、十中八九でその人達は、ご先祖様か末裔かって分かり易い設定だったりしますよね。

だから、普通に考えればジャンボと呼ばれたジャイアン似の少年は剛田家の血を引く少年であり。
スネ夫似の少年は骨川家の人間であり。
しずか似の少女は源家の血をひく…  て、あれ?



しずかちゃんはのび太と結婚するんだお?

おかしい。
しずかちゃんは一人っ子だから、他に分岐している事はありませんし。
近い親戚なんじゃねえ? と、もちろん考えられるんですが、それではF先生的ベターさとは違って来ちゃう気がするんだけどなぁ。

キャラデ、楽したのかというぐらい顔が同じなんすよ、しずかちゃんと。

ちなみに、セワシのイトコ説とかもたぶん無いでしょうね。
何故だか野比家はのび太以降、男子一人っ子が続いているような感じですから。

ん~む、何者なのだ、あの少女は?


で、来週は速水もこみちと相武紗季が本人役で登場…  て、そーゆーのホントやめち下さい。
つか、他のアニメで許しても「ドラえもん」はやめて。
「ジ~ンマイク」の話は確かに、エピソード中に芸能人が絡む話では有るけれど…
あれ? でもあれって歌手が出て来て、その歌声にジ~ンとする件じゃなかった?
もこみちと相武で、どやって「声」でジ~ンとさせるんすか?
「声(音)」じゃないと、ジ~ンマイクの意味ねえし。


あぁ、かなり「声」というパーツが無視されそうな予感が…
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-06-23 23:24 | アニメ
2006年 04月 29日
六つの四角<後編>
誰の為でもなく、自分の為に記事を上げます。
自分勝手だねェい。
でも、せっかくデータ化したんだから、いいでしょ?

残り三つ
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-04-29 18:35 | アニメ
2006年 04月 28日
六つの四角<前編>
今を思い起こす事6年前。
ふと思い立った欲望、それはB5サイズの紙の上へ毎年の思い出を残そうじゃないか、と。
2000年から2006年。
途中、2005年にはのっぴきならない理由によってか、存在すらしなかったが。
とにかく、こうやってB5サイズの中には足掛け7年、計6つの思い出が残っている。

え? 何の話か知りたいかい?
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-04-28 21:00 | アニメ
2006年 04月 13日
『ドラえもん のび太の恐竜2006』<2回目>
    いつの間にか大きくなったピー助の姿を、優しく見つめるのび太。

のび太「色んな事を知って――色んな事を見て――もっと、大きくなるんだよ」


ダァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----!!!!
目から塩水が止まらねぇ…

―――て、チクショ、これじゃ1回目のレビューとほとんど変わらんじゃないか。

2回目の方が号泣や...
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-04-13 21:40 | エーガ感想
2006年 03月 11日
『ドラえもん のび太の恐竜2006』
      
   ((≡゜゜≡))
  ∽((  ▽  ))
   ⊂⊃ ̄ ̄⊂⊃
   ==
   =  
 ブルルゥゥゥ……ン…

泪の海
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-03-11 20:18 | エーガ感想
ページトップ