ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 09月 22日
今日のドラえもんは珍しく…ボソボソと
珍しく、とか言うのは失礼ですけど。
Bパート、「デビルカード」が非常に好かったです。

Aパートの方は「のび太が100点を取った!」て話ですが。
この話の原作も、結構好きです、ボク。
もののはずみでのび太が100点を取り、それをドラがピーアールなる道具を使って世間に知らせてあげるという話―― て、書くとドラがとても優しい人のように読めちゃうけど、実際にはかなりイイ加減で、一番のび太の100点に興味無いヤツだったりして、そのある種の白けっぷりが好きだったりします。「変ドラ」さん曰く「白ドラ」てヤツすかね。

今回観てみると、実は諷刺精神たっぷりなエピソードなんだなぁ、と気付きましたけど。
のび太本人が実際に言っても信じないが、テレビや偉い人が言うと、とたんに信じてしまう世間。
実在する人間よりも、間接的でしかないメディアの方を信頼してしまう。
何とも皮肉な現象ですが、事実ですからねぇ。いやはや…


で、Bパートの「デビルカード」ですが。
「ドラビアブログ」によると脚本:大野木寛、演出:三宅綱太郎とのこと。
うん。ま、知らないけどね。

普段は、短い原作を10分強のアニメにする為、オリジナルの件を入れて尺の調節をしているのに、今回はそれが無かったような… つか、むしろ原作にあった件すらショートカットするような感じでした。
かといって、間延びした演出でもなく。
悪魔のオネエ言葉や、節々にインサートされる原作に無いショットなどが、よりストーリーを盛り上げるのを手伝っていたような気がします。
悪魔が本性を見せる件も、原作よりもハッキリとダークな感じでしたし。
のび太がデビルカードを使っている姿を見て青ざめるしずちゃんなんて、とても好かったです。
原作では、「へー、便利なカードねぇ」ぐらいにしか感じていないかのような顔ですからね。

やはり、「ドラえもん」のお金がらみのエピソードは、どれもエスプリが効いていて、味わい深いモノがあります。あ、個人的には「お金のいらない世界」とか、好きです。F先生のアイディアがサイコーですからね!

いやぁしかし、ドラえもんは危険な道具を割と普通に持っていて、しかも警戒感ゼロな感じがステキです。先ごろ手に入れた8巻の「人間製造機」なんて、人類滅亡の危険すらある道具なのに、のび太の部屋に出しっぱなし、というステキ・シチュエーションですから。たまらんね、その抜け目ッぷりが。

そして次回は10/20って、ひと月も空くんですね…
さらに、ドラミが再登場…
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-09-22 20:17 | アニメ
<< ふたりはプリキュアS☆S #3... ページトップ 「みきおとミキオ」THE SF... >>