ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 09月 18日
ふたりはプリキュアS☆S #32「難しすぎ!ミズ・シタターレの宿題」

遂にシタターレも最期です。
おかげで大変そうだから描きたくなかったオバさんを描く事に…

「ソフト部!」
という篠原先生の声に起きる3人。その後ろの舞の顔が崩れてたのが面白かった。あ、いや、作画クオリティって意味じゃないよ。確かに、今週は舞が可愛くなかったけどさ。

アクダイカーンに今週で最後だと釘を指されたシタターレ。
そんなのは本人が一番わかっているんですよ。奇跡の雫無くなっちゃうんだから。
でも、初登場回は雫を使わなかったし、間にゴーヤーン回があって、本来より2週も長生きしちゃってますからね。大健闘なのですが。
つーか、来週出てくるのが最後の泉の使者、金の泉・キントレスキー(ロシア人か?)なワケですが。
ん~と、シリーズはあと15話ぐらいあると思うんですが、最終3~4話ぐらいはアクダイカーンとして、残り11~12話程度をキントレスキーとゴーヤーンで分け合うってコトかいな?
ま、でもプリキュアが泉を全部取り戻しちゃったら終わっちゃうから、その前にアクダイカーンが再び泉を奪取する、みたいなコトは起きるんでしょうかねぇ。



後の無いシタターレは人質作戦で太陽の泉の在り処を聞き出そうと試みる。
やっと、まともに悪い作戦を考えたって気がしますね。
今までも不思議アニマルを人質にした事はあるけど、まんまと逃げられてるんでね。ちゃんと何処かに監禁しておくという手段を覚えたようで。
それにしても、あんな鬼気迫るオバさんに人質取られて、あんなコト言われたら、泣いちゃうよボク。
だって、怖いもん。すげー怖いもん。
授業シーンなんか、震えちゃうよ。何されるか分からない恐怖が始終横たわってるなんて。


太陽の泉は緑の郷の何処かにあるらしい。
えと~… んと~… それって、既に絞られてるような気が…

本命・大空の木(1.2倍)
対抗・ひょうたん岩(10倍)

他にこの世界で登場したランドマーク的なモノって無いし…
つか、ココまで振っといて大空の木が何も無い存在てのはミスリードにも程がある。
ほのかのおばあちゃんは何者ッてぐらい気になる。
でもまぁ、たとえ場所が分かってても、アイテムが揃わないと扉が開かないのはRPGの鉄則ですから。
ココはあえて分からない振りの方が、親切なのですかね。


「私たちの答えは、コレよッ! 大地の力と、大空の力で、滅びの力を破ってみせるッ!」
ウハッ、来たよヒロイズム。こういうのが堪りません。カッコエエ。
でも、人質いるの忘れてない、君達? 力でねじ伏せれば問題ないって? そっか。
つか、大地と大空って…まさか… なんて思ったらやはり花鳥プリキュアでした。
マジでランダム? いや、最初に咲舞が宣言すれば、大人の事情を回避してどちらかに変身出来るとか?(は?)

ランダムでのフォームチェンジはやはり斬新… つーか、どーだろう…?
2段変身じゃないから、フォームチェンジのカタルシスは無いし… だったらやはりポケモンみたいにバトルに属性相性を入れる方がイイような。
今日はどっちかな~ウフ、みたいな楽しみ方は出来るけどね。

そして肉弾戦らしい肉弾戦。
シタターレも久し振りにドラゴンウザイナーで、強そう。
砂漠化した世界に一輪の花。
「マジレン」最終回を思い出した… あの花、シタターレが踏ん付けてくれたら尚の事。
どんな時でも、必ず希望はあるから諦めないで… てのはプリキュアシリーズのメッセージ。
「皆の力を合わせて」てのが、S☆Sバージョンなのでしょうかね。
そして最終的にはプリキュアでは毎度おなじみ、信じる心が力に変わる、てコトで
シタターレを水に戻す。
雨になったシタターレてのは、余韻があって好いです。

…キントレスキーが元の姿に戻る描写が今から気になってしまった。
まさか金塊ではあるまいて…


そして、またあのエンディングが…
もうね、テープ(今どき)何度も巻き戻して見てるのに、何度でも見れちまう!
ハッ! 気付いたら振り付けを七割程度憶えている自分が怖い。
プリキュアの魔法ですね…


そういや、あのプリキュアPC(仮名)の玩具、定価が1万円弱するとか。
高ッ!! カラー液晶でも無いくせに!

ふたりはプリキュア 各話レビュー
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-09-18 22:16 | アニメ
<< 「みきおとミキオ」THE SF... ページトップ 轟轟戦隊ボウケンジャー Tas... >>