ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 04月 28日
六つの四角<前編>
今を思い起こす事6年前。
ふと思い立った欲望、それはB5サイズの紙の上へ毎年の思い出を残そうじゃないか、と。
2000年から2006年。
途中、2005年にはのっぴきならない理由によってか、存在すらしなかったが。
とにかく、こうやってB5サイズの中には足掛け7年、計6つの思い出が残っている。



そうだ。なんとかしてこの思い出をデジタル化して後世に残そうじゃないか。
きっと、もしかしたら、何か人生の役に立つかもしれないじゃないか。
うむ、そうしよう。


――と、思いついてスキャンして、あちらこちら修正加えてたら、結構タイヘンでした。



<ドラえもん のび太の太陽王伝説>

何を思い立ったのか、持ち合わせの紙にスタンプを押しました。
まさか、6年後まで大事に保存するとは思いませんでしたがね。
映画自体は、そんなでも無い出来… でした僕の中ではね。
ま、併映の「おばあちゃんの思い出」に号泣してたんで、総合的には問題無かったけど。


<ドラえもん のび太と翼の勇者たち>

前年同様に吉祥寺で拝見。
こちらはね~悪くなかったんですよねェ。
知念里奈のゲストキャラも意外とシックリ来てたし。そういや、森繁も出てたなぁ。
ただ、レースシーンが「スターウォーズEP1」と被っていた気がしてならなかったです。
それでも、グッと来ちゃったから有りだよ、有り。
勿論、併映の「がんばれジャイアン!!」も素晴らしかったですよ。
原作では別に感動話ではなかったのに、あそこまで昇華させたのは流石です。
「俺は嫌いになってもイイ!でも、漫画は嫌いになるな!」
は、名台詞でした(泣


<ドラえもん のび太とロボット王国>

これがオレ的にはドラ映画ワースト1だったりする…
ん~これはねぇ… なんなの? なにそれ? て終始思っていたっす。
いつもは止むに止まれず、世界のピンチに巻き込まれていくドラたちだのに、これだけは自ら乗り込んでる。
しかもタイムマシンに変な改造施してるし。
やっぱ、思い返しても厳しいなぁ、この映画はなぁ…
ど~にも納得行かなかったのよねぇ。
併映「ぼくの生まれた日」は、感動名作シリーズの中でもかなり素晴らしい出来でしたね。
一番のお気に入りは、ラスト。
ドラえもんが野比家3人を秘密道具で一緒にしてあげるシーン。
ドラえもんは「家族水入らずでね」なんて気を利かせたんだけど、のび太はドラえもんの手を掴んで引き寄せる。
ドラえもんも一緒で、家族だろ、て… うわあ、思い出しただけで涙腺が… ゥゥ


[続く]
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-04-28 21:00 | アニメ
<< 六つの四角<後編> ページトップ ふたりはプリキュアS☆S #1... >>