ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 04月 16日
ふたりはプリキュアS☆S #11「ふらふらフラッピ大ピンチ!」
たまには順番を変えて記事アップてことで、プリキュアが一番だーい。

今週来週とフラッピとチョッピのエピソードですが。
各々一週ずつ、話をくれるってのが、なんとも嬉しいですなぁ。

ところで、今ごろになってマックスハートのビジュアルブックが発売と言う事ですか。
つーかスゲー読みたいんですけど… でも、今までのビジュアルブックも読んだ事無い。
正直、買う所まで魂が行ってないんだよね。
図書館にも置いてないし。立ち読むトコねえかな…
西尾Dの絵コンテ解説とかスゲー興味あるよぉ。あの、スンバラシイ最終回の絵コンテだし。
サンプル画像の幼少ほのかも… (; ´Д`)ハアハア… ていうか…



それでもサキは、フラッピがまだびょうきがなおっていないとおもいこんで、びょうきのふりをしているとうたがったおわびをのいみをこめて、ほしいものはなんでもあげるといってしまったの。するとフラッピは、いろいろたべたいものをちゅうもん。ちょうしにのっていろいろなことをいい、はでなおうじさまのふくをきて、チョッピをよんでほしいとまでいうの。もう、わがままなんだからぁ・・・。
ABC公式サイトより)

あん?
>はでなおうじさまのふくをきて――
なにそれ? んなトコあったっけ?
さらに…
フラッピはチョッピとあうとおおよろこびしてとびはねてた。さらにフラッピがそとにいきたいというので、サキとマイはいっしょにこうえんへ。フラッピとチョッピはうれしそうにはしりまわっていたんだけど、そのときちかくのこうばのえんとつのうえにモエルンバがあらわれた!えんとつはおおきくなってウザイナーになって、サキとマイにむかっておおきなひのたまをなげつけてきた!!
ABC公式サイトより)

東映アニメ公式は更新が遅いから、いつもABCのあらすじを読みながら記事上げてますが、なんですか今週のこのあらすじ?
参考にならないんですけど。
それとも僕の家だけ違うエピソードが放送されたのかしら?
だとしても、俺は自分の観たエピソードでしか記事書けませんから、上記のお話を見た方には、あしからず。


今日は作画がなかなか良かったような気がしました。
特に咲の作画が。
舞と違って、ヒロインながら表情も崩せる咲なので、色々な顔が見れますが、今週は特にバラエティに富んでいて好かったす。

先週の提供ラストカットであった、弁当食べている時の「ンガ!」顔とか。
寝起きで髪型が違う感じとか。
フラッピを心配している表情とか。
海水にびしょ濡れシーンとか。

可愛く、美しい表情が今週は多かったように感じました。

戦闘シーンも、先週のようなポスプロでごまかすようなのではありませんでしたし。
特に、ロングショットでウザイナーが砂煙を出して吹き飛ぶとこが好きです。
今週は作画の方、3人だけでしたが。この前の8話みたいに作画マンが少ない方が、統一感が出るってコトなのかなぁ?
そのぶん、メチャ大変だろうけど。

さてと、作画に関してはだいたい誉めたので、次は中身ですな。


何か好いんですよね、アバンからして。
リズムと言うか、テンポと言うか。
急いでるはずなのに、目覚ましが鳴らなかったかどうかについて検証する冷静さを何故か持っていた咲が、本来ならツッコミどころですし。
「それよか、はよ行け!」となるわけで。
でも、ここは少し冷静に検証して、犯人はフラッピ、お前だー!
…て、だから急げって! と、心の中でのツッコミが楽しい。

しかも、OP終わりでも、まだ家いるし。
咲は問答無用で怒る直球タイプかと思ったら、冷静さを取り繕って、自白を強要させようとしていたし。
ここで怒っている暇はないと感じたのか。なら、検証自体帰宅してからにすべきなのだが。

この後、急いで学校へ向かう咲の口にパンをかじらせていて欲しかったなぁ。
せっかくパン屋の娘なんだから。俄然、有りじゃん!
昼まで何も口にせずに弁当を待ってるなんてよりも。

ここで頭の良い舞が、自分で止めたんじゃないの?と言及。
おや、ここでそういう言及をするってコトは、それはオチじゃないんだ、と。
しかも、咲がこの時点でフラッピに対して反省しちゃうって。
咲とフラッピの仲違いエピソードを匂わせておいて、実は違うってワケですよ。

帰る所も無く、見ず知らずの世界にやって来て、本当はとんでもなく不安なはずなんだよね…とフラッピとチョッピの身を案じる咲と舞。←若干脳内補完あるかも。
こういう辺りは、ファンタジーやSFだからこそ描き出せるのかなぁって思いますね。
帰るトコも無く異世界から来るってのを、現実的に置き換えちゃうと、自国が消滅して日本へやって来た難民ってコトで、ま~重いコト重いコト。
そうなると、そのポイント以外のトコが重要になったり… まぁ要するにスゴイ面倒くさくなるわけですな。シンプルに現実を映し出すのがファンタジーやSFの特徴ですからねぇ。

いつも「お世話するラピ!」とか言うてるくせに、病み上がりで優しくされると「どうして?」なんて、二面性のある事言ってくれるし。
病気の人に優しくするのは当たり前と、ザ・ヒロインなこと言ってくれちゃう咲も今週はポイント高いッス、やっぱ。

グーでしたね、このお話は。
モエルンバに翻弄されるゴーヤーンとか、今回ほぼ無視されていたアクダイカーンとかも素敵でしたし。
火属性のはずのモエルンバ、海中に入って大丈夫なのか!? とか
今週の提供ラストカットも何かを期待させるし…

この感じで来週にスプラッシュ!

ふたりはプリキュア 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-04-16 17:05 | アニメ
<< 仮面ライダーカブト #12 ページトップ 『ドラえもん のび太の恐竜20... >>