ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 03月 12日
轟轟戦隊ボウケンジャー Task04「失われたビークル」
ちょっと、「のび太の恐竜」のレビューで壊れすぎたんで、今日はもそっと落ちついていかないとと自制。

今日のは熱かったです。
ググッと来ました。



自分の仲間を失った過去を持つ明石は、もう二度とその苦しみを味わうまいと誓ったわけですね。
かたや、乾先生ジャリュウ一族のリュウオーンは目的の為なら部下の命などいとも容易く処分してしまう。
仲間の命を捨てたと自分を責めている明石にとっては、自分のヤミの部分とも言える存在がリュウオーンというわけですかな。
同じ色だし…
だからこそ、決して認められない存在だし、乗り越えるべき壁とも捉えられる。

自分にも他人にも厳しいヤツなのね。
明石がドリルで皆を助けに行くと言う時とか、目頭が熱くなッちまった…


先週今週とこんなに熱いモノをやられるとはな。
仲間がいるってのは、尊いコトなのだと真正面からぶつけられた感じだな。
「県庁の星」でも言うてたけど、何かをするには仲間が必要なんだ、て。
こういうのは、やっぱ「戦隊」という番組だからこそ、気恥ずかしさをぶち抜いて表現出来るトコなのですねぇ。

シンプルに大事なモノを伝えていくのがこの番組の使命でもあるのですよねぇ。

それと、ドリルの発進シーンで地下鉄坑内を進んでましたが… ゴーゴーファイブを思い出しちまった。
結構、そういう日常とリンクさせるトコとか、好きだなぁ。
地下鉄乗る時とか、一人で妄想できますしね。
(いま、ここでドリルが坑内を… グィーンッって…)
なんてね。

スーパー戦隊 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-03-12 15:28 | トクサツ
<< 仮面ライダーカブト #07 ページトップ 『ドラえもん のび太の恐竜2006』 >>