ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2006年 02月 13日
ふたりはプリキュアS☆S #02「パンパカ歓迎会は嵐の予感!」
♪くるくるミラクルスプラッシュスター ふたりはふたりはプリキュア…♪

早く口ずさめるようにせねば…


エンディングの方の演出は無印8話の五十嵐さんとの事で、S☆Sでも演出をやってくれないかなぁ、なんて希望が膨らみますなぁ。



何ゆえまだ開設されないのか、東映アニメの公式サイト。
早くしておくれよ。


で、今回は咲たちが舞の歓迎会を開く&初期設定の解説なエピソードでした。
アクダイカーン達が話していた時の、「伝説の戦士プリキュア」のイメージがなぎほのみたいだったけど… ちょっと嬉。

今回、残念な事に「咲」「舞」と名前で呼び合うレベルに二人の関係性がすんなり進んでしまいました。
最初、「日向さん」「美翔さん」と呼んでいた時には、ガッツポーズしていたんですが…
舞が、まだ友達じゃない… と言う感じもさらにガッツポーズだったのに…

「咲って呼んで。私も舞って呼んでイイ?」
だなんて。
コラコラ、そんな大変おいしい部分をまだ二話の段階で… 前菜でフィレステーキ出すようなもんですぞい。
もったいないなぁ…

ちょっと、これじゃ普通のアニメじゃないか… なぎほのの友達になるまでがやけに時間のかかるリアリティが結構好きだったもんで。
それとも、何か他のドラマが用意してあるのだろうか。
まだ何とも言えない部分だがな…

そういや、共学なんだよなぁ。
同級生の男子キャラは確かに新鮮だ。
キリヤは後輩だったし、藤村は先輩だったし。
ただ、シンプルに 咲(はぁと)⇒舞の兄 だろうなんて考えていたので、この辺はどう作用するのかなぁ~? と。
舞の兄は完全に藤村とカブッとったから、当然のように思っていたんだけどなぁ。

何か…
キャラが幼くなった気がするのは気のせいかしら?
それとも、黒と白は二年間の間に成長していた、という事のギャップなのか?
だとしたら、それはそれで嬉しいが。


S☆Sでは、前シリーズとの差別化として、バトルにおいてはやけにファンタジー色が強くなってますな。
やけに特殊効果が多いのがその特徴。
まあ、黒白編で肉体的アクションの極みを見せつけたわけだし、同じコトをする必要も無いだろうし…
とはいえ、あのホコリッぽさが薄まっているのは、少し残念だ。
プリキュアにヒロインではなく、ヒーローを見ていた俺としてはね…
ま、S☆Sでも二人が傷だらけになって立ちあがる姿を見せてくれる事を期待いたします。
ガメラのように…

――何か、前シリーズと比べてばっかで言葉だけ拾うと、否定的なのか… と思われるかもしれないですが、楽しんでますから、かなり。
ただ、ブログに書く事はこんな事ばっかでだけで。

ふたりはプリキュア 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2006-02-13 20:13 | アニメ
<< 藤子・F・不二雄 感動秘話 を見た。 ページトップ 仮面ライダーカブト #03 >>