ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2005年 12月 25日
響鬼 四十五之巻「散華する斬鬼」
ザンキさん、逝ってしまった…

いわゆる「新体制」になってから、やけにフィーチャーされていたザンキさん。
トドとの別れのシーンはなかなかに来るものがありますなぁ。



互いに「ありがとう」と言って別れの挨拶をする師弟。
そして、散華するザンキさん……

二人の関係が納得できるものとして終着出来たことに嬉しさを感じます。
久しぶりのギター演奏、しかもWてのは熱かったっす。
と、まあココの点に関して、「寄り」の視点で見ると良かったなって感じなんですけど…
「俯瞰」して見た時、やっぱり「?」な部分が多いよなぁ。

まず、ザンキさんが命を削ってまで再び変身した理由がいまいちなぁ…
朱鬼さんの時が一番、不可思議だったけど、ココ最近の理由もよく分からん…
トドの代わりに俺が!――なの?
他の鬼は無視? そりゃ裁鬼さんは役に立たないかも知れないけどさ。

あと、何でトドロキは再起不能という設定にしたわけ?
もう二度と鬼にはなれないんだ……て言ってから2週間ですか?
割と簡単に変身できたように見えるんですが。
奇跡?  奇跡もこんなに簡単だと薄っぺらくなりません?
歩けなかった人が、いきなり立ち上がるし……クララだって、あれは気持ちの問題で立てなかっただけなのに。
分からない。何でわざわざ再起不能という設定を選んだわけ?
目先の盛り上がり? 出来ればそういう風には考えたくないんですけど。

第一、やっぱり「響鬼」という番組において何故ザンキさんが死ぬことになったのか、その意味するところは何なのかがハッキリしないっすよ。
ザンキさんが死ぬことによって、何を伝えたいわけ?
レギュラーを一人殺すんだから、その部分をちゃんと教えて欲しいッスよ。

一番よく分からんのは京介の扱いだけどね。
実は悪い奴じゃなかった―――から、何!?

マジで、何でそんなに肩入れ?
嫌いなの、明日夢くんのこと? 白倉さんも井上さんも。
わかんね、ホントわかんね。
明日夢が主役じゃなかったのか?
少女との指切りは何? どう有機的に作用するの?
わかんね、マジわかんね。

そういや、久しぶりに出てきた新しい魔化魍が「長瀞のカエングモ」て。
長瀞…て、白倉さんがブログで最近書いてたよね……妙な嬉しさを感じる。狙いだと信じます。

白倉さんが(けっこー前の)ブログに書いていたことですけど、番組の製作者はその番組のことを一番考えて知っているわけであり、視聴者が見て分かるような「矛盾」や「ほころび」なんてーのはとっくに気付いているんだと。
その上で、意識的にやっているんだと。
その理由が、物理的(予算・スケジュールなど)な事や論理的な事であるかは色々だけれども。
分かってるんだと。
――的な事を書いておりました。
だから、俺も極力、「矛盾」「ほころび」にどういう意図が隠されているのか感じようとしてはいるんですが……でも、難しいッすよね、その理屈は。
どんなに作り手が意図的だと言っても、結果的に「ボロ」が出ていれば、観ている人間は作り手をアホ扱いだし。
観客・視聴者はどういう風に解釈するのも自由なわけだから。
それが、伝わらないと、何もしてないのと同じことになるんだモンなぁ…
偶然だろうと意図的だろうと、面白い物が観れればそれでいいってのが、客の恐ろしい部分であり、真っ当な部分でもあるわけだから。

大晦日の「少年よ」に思いを馳せよ…
「ラストクリスマス」に梅宮万紗子さんが出てた。何か、嬉しかったス…


今週のプリキュアは――

部活の皆がなぎ・ほのにありがとう会を開いていた。ケーキには「なぎさ ありがとう ほのか ありがとう」の文字。
アワワワ… これはオレ達の気持ちそのままじゃないすか。
俺たちの代わりに会を開いてくれた皆ありがとう。
もうすぐ高校生になるのか…
しかも年明けの回はいかにも最終局面突入な話だし…
見守らねば。

響鬼 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2005-12-25 15:29 | トクサツ
<< 紅白歌合戦は祭りじゃろ! ページトップ 『KING KONG』 >>