ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2005年 11月 20日
響鬼 四十之巻「迫るオロチ」  と、ちょっとプリキュア
ひゃ~~ヤバイっす。
面白いッス。
ドキドキワクワクッす。

先週の予告編からして期待大だったけど、おもしれぇ…



先週の
「ありがとな………明日夢」
発言はかなりいきなり出てきた印象を感じてしまったんですが、今週再び「少年」に戻っている事で、凄く納得がいった気がしました。

認めた――けど、迷いもある。でも、間違い無くあの瞬間認めているヒビキもいるんだよなぁ…
明日夢が鬼になる決意まで、この四十週間以上かかってるのと同様に、ヒビキにも弟子を取るだけの決意が相当必要なのですね。
それが、この行ったり来たりの感覚なのね。
なるほどねぇ。
いきなり「明日夢」になって、そこから先ずっと「明日夢」として認める展開では無いのがなかなか好きです。直線的ではなく、一歩進んで二歩下がる的な人間の迷い…なんてらしく書いてみますが、あくまで緩やかに人の心の動きを描いて行ってほしいっすね、「響鬼」には。

やっと京介の行動にも確信さが出て来たというか。
今までは、ドラマにおけるテーマの出題者として乱暴にボールを投げてくるというだけの役(俺はそう感じてたけど…)だったけど。
父超える→ヒビキ越える→鬼になる の構図が久しぶりに戻ってきて行動原理が分かりやすくなりました。
だもんで、「ウザッ」と思ってもそれは確信的なキャラなので当然としても、今回は「別にいらない」キャラでは無かった様ですし。
京介がいなくて、ヒビキが明日夢の申し出を断るパターンでは若干キビシイしね。先週「明日夢」って言ってるのに断んのかよって…。

一つ不安なのは、あきらが京介と明日夢を弟子にするとか言ったところなんですが。
つーかなんで明日夢は京介の挑発に乗るかなぁ…
あきらに、何か考えがあっての行動だと……信じたいんだけど……大丈夫かなぁ。
前に朱鬼に弟子にして下さいって言った時も、裏があるのかなと思ったら、別に無かったみたいだし…。
あきらぁ……大丈夫なんですよねェ。

しかも、あきらはとうとう「あきら変身体」に。
顔を見せずに来週へ続くのがニクイぜ。ヤバイよ、また来週楽しみッス。

魔化魍サイドではなにやら、洋館の男と女が警戒している…第三勢力すか?


+プリキュラは…

今週のプリキュアは伝説の第8話には到底敵わないですが、まぁまぁ好かったです。
もっとほのかが一人で、行くか行かないを悩むかと思ってたら、あっさりなぎさとひかりに打ち明けて、しかもメインで悩んでいるのがなぎさというのは意外でしたが。
いやぁ~満足感ですな。作画は中の中ぐらいだったけど。
各キャラクターが己の思いを出して、どれも決して間違っていないので、「それはどうかな~?」てのは無い。
久しぶりに登場のユリコもパリ行き応援するけど、あれは自分の思いを重ねてしまって言ってる訳だし。誰も自分勝手な奴がいなかったのが素敵でした。
「自分の居場所は自分で決めるんだ!」 と画が完全にヒーローモノなのも燃えたしね。
相変わらず、ヤローに向けて発信してるように思えるんだけど。

やっぱりプリキュアってのは友情の話ですから。
二人いなきゃ変身できない、平成のバロム1なわけで。
二人いるから強い、逆に言えば一人じゃできないってことになるし。
となると、やっぱ良質エピソードは友情の話になってしまうんだよなぁ。
伝説の8話を越える為の友情エピソードを作るには、やはり二人が二人で無くなる話が見たいっすね。
8話は、まだそれほど仲良くない二人がケンカして、親友になるという話でした。
それからはず~~~~~っと仲良いまんま。
友情を維持したまま、二人を割こうとすると、今回の「パリ行き?」のように物理的な離別の話になる。
でも俺は、仲良くなった二人がケンカする話が観たい。
あまり女子の友情だからって、常にベタベタだとなぁ……現実の女子の友情はもっと………いや、知らんけどさ。
もしくは、どっちかが記憶喪失とかね。うわ、ベタ。
マインドコントロールもありだな。ダーキュリーみたいに。
脳内妄想に歯止めがきかん…

響鬼 関連記事
ふたりはプリキュア 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2005-11-20 16:01 | トクサツ
<< 響鬼 四十一之巻「目醒める師弟」 ページトップ 『仮面ライダー THE FIRST』 >>