ブログを引っ越しました。新しいアドレスはコチラです→ http://tjtype1.blog28.fc2.com/

心だけは鍛えとかないとさ…
シュッ〆
と、鍛えればになれるかも……
なんてちょっと思ってしまうんですけどねぇ。
てゆーか、暑くね?最近めっきり暑くね?
by tjtype1 @管理人

ブログトップ
2005年 10月 30日
響鬼 三十八之巻「敗れる音撃」
あれ? おかしーな、なんか先週東映のHPで見たら脚本は井上氏だったような気がしていたんだけど…勘違いか。
米村氏初登板すか。つか、田村監督もですが。

ん~なんかまた雰囲気変わった? みたいに感じたのですが…。俺だけか?



まずその~、冒頭で久しぶりに部長登場したかと思ったらいきなり
「君は必要無いんだ」ですか…。
部長は今まで一度(?)しか出ていないので、さしてキャラのある役でもないですけど、俺の中では「言う事は厳しいけど、間違っていない先輩」のイメージみたいな。
かつて登場した際は、明日夢が希望していたドラムを叩けなくて、笛を吹くことに気持ちが集中していない事をちゃんと見極めていた、なかなかの人物かと思ったのですが。
久しぶりに登場して、しかも真面目に練習している(ように見える)明日夢に対してこの発言はイタタタタ…。
こんな冷たい人でしたっけ? 俺の買い被り?
その後、たちばなでお汁粉奢るよと言う明日無がもっちーの手を握ってたのが、若干気になったのですが……ん~慣れ慣れ……でも幼馴染だし……でも手を握るか?……考え過ぎなのか……?

たちばなに先回り(地道だな意外と…)する京介。で、オープニングタイトル。

♪遥か遠くの地平線から~ 光あふれて~ 来るように~♪
先週まで「来るよ、オ~ニ」だと思ってて、妙な歌詞だよな~と思ってたんですが、お恥ずかしい話です。
でも「オ~ニ~」に聞こえるように唄ってるのはたぶん狙いだと思う… せめてそう信じる。


何か、今回はやけにイメージシーンが多いのも感じたっす。森の中で空気を感じる「平成のアマゾン」らしさではありますけど。
あ、とりあえず響鬼が木の上から現れるのは普通に好きでした。いや~そんな必要性無いんですけどね~ヒーローが高い所好きなのは月光仮面からの伝統か…
で、また等身大のくせに夏の魔化魍だか何だかよく分からない奴登場ですぜ。完全に怪獣のフォルム。
下品にヨダレだらだらですか。ヌルヌル大好き雨宮慶太ならヨダレはもうちょっと上品に使ってるでしょうな。

明日夢が部長と京介の言葉に揺れる。でも「君は要らないんだよ」と「僕はヒビキさんの弟子になる」じゃ、共通項よく分からないんですが?
それとも、ただ明日夢が悩むという事実さえあればそれで良いのかしら。
そこにヒビキさん現れ、明日夢に助言。森の空気を感じて落ち着け……的な事。
ここでまたイメージシーン挿入。座って精神集中の響鬼。もう鬼じゃなくて侍みたいなんですが。

その頃、ザンキさんは若い鬼二人を叱咤! 何か明らかに出番増えて重要な役回りになってますな。死ぬから? いや、死なない事を切に願いますが、明らかにそういう演出です。

んで、ヒビキ達の入るつくばでは……イブキとトドロキはいちいち戻ったわけか、めんどくせぇな。
何故か魔化魍に襲われてしまう。しかも、幸いもっちーが帰った後に。
つーか何しに来たの? そこ以外えさの人間がいないと? マシュマロ? みどりキック?

しかし、これはヒーローモノのある種の定石でもありますからな。
ヒロイン拉致と、ヒーローが一度やられる大ピンチ! てのは。
まぁ、みどりさんが「響鬼」のヒロインなのかはあれですが、ヒビキさんにとっては一番付き合いの長い人ですし。

てなわけで、節々キャラクターや演出で微妙に空気を変えたような気がしちまったんすが。
まだまだこの不安定な旅路は続くのかしら。

響鬼 関連記事
[PR]
←クリックすると、管理人が小躍りして喜びます
   by tjtype1 | 2005-10-30 21:58 | トクサツ
<< 仮面ライダー響鬼 超バトルDV... ページトップ 響鬼 三十七之巻「甦る雷」 >>